腐れワナビの公募メモと戯言

相崎壁際名義で新人賞に投稿しているワナビのブログ。応募するのは基本的にライトノベル系。

執筆

第12回GA文庫大賞前期、二次で落選しました &第33回ファンタジア大賞前期に応募しました

GA二次落選でした うーん、残念。 ga.sbcr.jp ちょっぴり期待していたのですが普通にダメでした! 今回は二次通過が23作ということで、普段よりもちょい絞られたかなって感じがしました。まあ絞られてなくても自作が通過したというわけじゃないのですが……。 …

第12回GA文庫大賞前期一次通過しました

久しぶりです タイトルにもある通り、第12回GA文庫大賞前期で投稿作が一次通過しました! いやー良かった良かった。ここのところは一次落ちが電撃、講談社ラノベと続いていたので自信喪失気味でしたが、少し持ち直しました(チョロい)。 これでも三年くらい…

第12回GA文庫大賞前期に応募しました

第12回GA文庫大賞前期に応募しました。締め切り間際はどうも不思議な力が働くらしくなぜか毎回締め切りギリギリになってしまうのですが、今回もなんとか応募できました。よかった。 今回も23時30分くらいまでワードとにらめっこしてました、もうちょっと学習…

第9回講談社ラノベ文庫新人賞に応募しました

過去作の改稿です ちょっと言うのが遅れたんですが、5月10日締め切りの第9回講談社ラノベ文庫新人賞に応募しました。 過去作を評価シートの指摘点をもとに改稿したやつです。 新作ではないのでわざわざ書くのもどうなのかなーと思ったのですが、最近ブログも…

第26回電撃小説大賞に応募しました

今回は余裕をもって3時間前投稿です 4月10日の21時くらいに長編を一作投稿しました。 珍しくPDF投稿。本文は107DPでした。 これでどうにか今年も電撃小説大賞に応募完了です。通算三度目……三度目の正直とかありませんかね(願望)? 第26回電撃小説大賞に応…

第11回GA文庫大賞後期、最終選考で落選しました

最終選考落選しました 受賞された方々、おめでとうございます! 第11回GA文庫大賞(後期)の奨励賞作品として選ばれたのは、・『ロード・オブ・キャッスル』(阿樹 翔)・『ひきこまり吸血姫の悶々』(小林湖底)・『竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から―』(筑…

第11回GA文庫大賞後期一次通過しました

超久々です はい。 よかった……。 地味に使い回しじゃない新作が通過するのは久しぶりなので、自分でも意外なほどホッとしてます。 思わず帰りにスーパーでビールと寿司を買ってしまいました。 美味しい。 例によって結構締め切りギリギリになってからようや…

特に書くことないので最近聴いてる音楽を紹介する

タイトルのまんまです 取り立てて書くこともないんですがしばらく何も書かないのもアレな感じがするので、とりあえず思いついたのをYouTubeリンク付きで貼ってきます。 昔から聴いてるのを入れると収拾つかなくなるので最近見つけたの限定で。 順不同です。 …

カクヨムに短編「乙女の涙は安くない」投稿しました

個人的にお気に入りです 全三話、1万字弱にまとめました。 短編なのでサクッと。 何の変哲もない普通の女子高生が、クラスメイトの地味な男子が実は人外少年だという秘密を知ってしまう話。恋愛ものです。 kakuyomu.jp 正直言って結構お気に入りです。 最後…

書きたいという思いだけは持ってます、思いだけは

実際に書いてるかどうかは別として そろそろどこかに宣言しておかないと自分の性格上いつまで経っても書き出さないとわかっているので、とりあえずここで宣言だけしておきます。 このままじゃいつまでも書かぬ。 はい、ダメ人間です。 先送り癖も一日の行動…

クリスマスイブは冷凍餃子と冷凍チャーハンと冷凍ラーメンとロング缶で曖昧になりました

曖昧になったので終わりです なんかこの終わらせ方が便利なので何かと使いたくなりますね。安いし。 たぶん色々なイベントに応用が効きます。 バレンタインデーGW誕生日etc. なんかこの方法を使うたびに自尊心がすり減るような気がしないこともないですが。 …

カクヨムに短編「高縄ゲートウェイ」投稿しました

完全に悪ノリです 高輪ゲートウェイという名前にいろいろと思うところがある人もいるかもしれませんので、そういう人にはすみませんと謝っておきます。 kakuyomu.jp はい、タイトルから察せられる通り「高輪ゲートウェイ」からの妄想が暴走したアレです。 人…

第11回GA文庫大賞後期に応募しました

気が付いたら前回の記事から2か月経ってた 前回の記事で「なんかちょっと思いついたことがあったら書く」とか言ってましたがアレは嘘でした。 全然書いてねえ。 もちろん何も思いついてなかったってわけではなく、「『若おかみは小学生!』めっちゃ感動した…

ぼちぼちGA向けの作品書いてます

次は第11回GA文庫後期に出します(予定) あんまり間が空くとどうせ更新しなくなりそうなので、思いついたことがあったら短くてもとりあえず書くことにします。 140文字以下に収まるならツイッターに書くだけにするかもだけど。 ってわけで、次は第11回G…

あけましておめでとうございます(はそこそこに執筆についての話、あとガルパン最終章第1話感想)

一か月放置してた なんかね、ほら……年末っていろいろ忙しかったから……。 嘘です。 だんだんブログ書くのが面倒くさくなって書いてなかっただけです。 すみません。 でもたまーにアクセス数とか確認してると、どうしてだか毎日何十人かくらいは訪問してるんだ…

第12回小学館ラノベ大賞1次落ちでした

そういえば 12月1日の午前0時ピッタリにネットで発表されてたんですが、見事に落ちてました。 応募したのは男の娘モノだったんですが、まあ確かに完成度はそんな高くなかったので一次落ちもむべなるかな。 これも当時のブログ見返すとわかるけど、かなり突貫…

第10回GA文庫大賞後期に応募しました

というわけで、どうにか第10回GA文庫大賞後期に応募しました 応募画面のこの子かわいいですね。締め切りに追われて死んだ目で提出ボタンクリックしたところを癒された。 今回は今まで書いたことないタイプの話だったんですが、正直なところちょっと自分の手…

GA文庫大賞後期の締め切りまで休みが残り4日しかない

正念場 ですなー。 まあ本当は今頃、もう書き終わってて推敲に入ってるのが一番いいんだけどなあ。 先日もどこかで「作家は書き上げた後にどれだけ描き直せるのかが大事」って言ってる作家さんの文章を見て「おおう……」ってなったところ。 頭ではわかってる…

そろそろGAの締め切りがヤバいので頑張る

いつもより危機感覚えるのが早い 成長したなあ俺も……。 いや、本当はこうなる前にさっさと計画的に書けよって話なんだけど、それが出来たら苦労しないわけで。 まあ、こうしていっつもヤベーヤベー言うのももはや恒例と化してきた。 懐かしいなあこの感覚。 …

書きたいことばかり溜まって筆が追い付かない

ネタが尽きるよりはマシか とも思うんだけど、しかし「書きたい!」って思ったものになかなか手が付けられないのは辛いものがある。 ちょっと前に「風呂場でアイデアが湧いてくる」って話をしたと思うんだけど、もうアイデアが湧いてくるスピードが明らかに…

第24回電撃大賞の評価シートが来た②

aizakikabegiwa.hatenablog.com の続き。 選評の中身2-2:各項目評価…オリジナリティー ここの項目については特に書くことないですね。 B+評価が1人、B評価が3人、B-評価が1人でした。 びみょー。 まあ、取り立てて高評価が得られてないというのはわ…

第24回電撃大賞の評価シートが来た①

第24回電撃小説大賞の評価シートが返って来ました。四次落ちだったんですが、まーまだまだ受賞ラインには程遠いかなーって感じ。選評読むの楽しい。選評肴に酒が飲める。

第10回GA文庫大賞後期締め切りまで1か月

11月来るの早すぎ 新人賞の締め切りが来るたびにこんなこと言ってるな……。 恐ろしいことに、まだ投稿(予定)作品の完成が見えないままもう11月になってしまった。 いや、一応ラストまで考えてはあるんだけどね……。本文がなかなか書けない。 今までにない文…

小説書いてるとよく描写が抜ける

小説中の描写の話 当たり前なんだけど忘れがちなことに、「読者は作者じゃない」ってことがある。 何言ってんだこいつはって思われるかもしれないけど、つまり 「自分が書いた小説の読者は、作者が頭の中で考えた情報を知ることができない。読者がが得られる…

小説に関してインプットとアウトプットが偏りすぎる

書いてるときは読めないし読んでるときは書けない これって普通なんだろうか? やっぱり小説を書くからにはどっかでいろんな小説をインプットしてかないといけないと思うんだけど、俺の場合小説を書き始めてからあんまり小説読めてないんだよな。 そりゃ世の…

一番アイデア湧いてくるのってやっぱ風呂だよね

まあ俺はいつもシャワーなんだけど 一応ユニットバスなんだけどね……普通に考えて、ユニットバスで風呂入れなくない? シャンプーとかボディソープとか浴槽の外に置いといたら、トイレの床びっちゃびちゃになるよね。 それともユニットバスで風呂に入るような…

自分が書いた作品を記憶失くした状態で推敲したい

小説書いてるときは大抵酔っぱらった気分 基本的に小説書いてるときなんてのは、どっか酔っぱらってるのと似たような状況になってる。 何て言ったらいいんだろう、PCに向かってるこっち側の意識が非常に希薄というか、物語の方にどっぷり浸かってるというか…

台風で外も出られないし小説書く

まあ台風来てなくても外出ないんだけど はい。 小説書いてて思うけど、社交的なうえにさらに小説書く時間がある人ってどんな時間管理してんだよ。 普通どっちも取れないでしょ……二兎を追うものは的な感じになっちゃうでしょ。 俺なんかもいちいち休日に誘っ…

第10回GA文庫大賞後期に向けてボチボチ書き始めた

いつもよりちょっと早い まあ、これまでにも少しは書いたりしてたんだけど。 土曜日に勉強会があって、そこで考えたことを反映させてちょっと冒頭の雰囲気を変えてみたから、実質書きなおし。 普通こんなのわざわざ言うほどのことでもないんだけど、こうやっ…

ライトノベル勉強会(関西)に行ってきた②

俺のプロットも読まれた。そもそも作品だって新人賞の下読みさん編集さん以外に読まれたことないので、めっちゃ恥ずかしかった。 なぜか戦争モノ被り気味なプロットあったしなー。みんな好きなんっすねえ戦争。 いろいろとツッコまれもして、そのたびにしど…