腐れワナビの公募メモと戯言

相崎壁際名義で新人賞に投稿しているワナビのブログ。応募するのは基本的にライトノベル系。

第12回GA文庫大賞前期一次通過しました

久しぶりです

 

f:id:blogofisaac:20190815215650p:plain

 

タイトルにもある通り、第12回GA文庫大賞前期で投稿作が一次通過しました!

いやー良かった良かった。ここのところは一次落ちが電撃、講談社ラノベと続いていたので自信喪失気味でしたが、少し持ち直しました(チョロい)。

 

これでも三年くらい書いてるのに、未だに選考が上手くいくとき、いかないときの差が激しくて安定しないのは何故……?

もっと安定して選考を通過できるようになれば精神は安定し、仕事の最中にいきなり応募中の作品に欠点があったのではと考えて不安に襲われることもなく、人生もっとスイスイ泳ぎ切れていたに違いない。

 

お盆にも普通に仕事行ってることだって、小説の選考がいいところにいってさえいればさほど気にもならなかったはず。

夏の日を転売ヤーの通報などという地味なボランティア活動に勤しんで過ごすことはせず、書とスマホSNSを捨て街に出てさぞかし充実したリアルライフを送ったことでしょう。

多分ええ感じのコンデジなんか買っちゃって、雰囲気ある路地裏で写真撮っちゃったり寺社仏閣に足を延ばしちゃったりしたはずなのです。

 

これは勘ですがもうちょっと小説がええ感じになれば、実生活もええ感じになるはずです。

友人と行く飲み屋も鳥貴族じゃなくてもっとええ感じの……バーとか……なんかそういう感じのアレになる……はず(行かないからよくわかんない)。

 

とにかく小説が上手くなりたいなあと切に願うこの頃です。

宇治橋で叫んでこようかな。

 

最近読んだ本の話

もともと読書スピードが遅い人間なのですが、やっぱりインプットしないとなってことで最近もなんとか月に10冊弱くらいのペースで本を読んでます。

ラノベだとようやく積んでた「天地の狭間のランダム・ウォーカー」を読みました。

第三話の「極付千本桜」、めっちゃ良くて流石に泣いてしまったよ……これが漢の背中だ……。

 

あとC.B.マッケンジーの「バッド・カントリー」も面白かった。

主人公は孤独で無頼な私立探偵なんだけど車の助手席には常に飼ってる老犬を乗せていて、犬がケガすると獣医の前でボロボロ泣いてしまうあたり、凄く「人間……」という感じがして良い。

登場人物たちの二面性とか、結局最後まで真意のわからないままだった人物の不条理な行動とか、そういうのもひっくるめて人間ってこういう生き物だよなと思わされる。

 

執筆の話

そんなこんなでもう八月半ば、月末にはファンタジア大賞の締め切りが迫っています。

時の流れが早すぎると文句を言いたくても、言うべき相手が自分しかいない……。

 

今回GAで通ったのもラブコメ、今書いてる作品もラブコメです。

最近は意図的にラノベではラブコメで貫くようにしていて、それ以外のが書きたければMW向けに書けばいいかなという気分でいます。

いつまでラブコメ書き続けるのかはわかりませんが、手ごたえがあるうちはこっちで勝負してみようかなと。

 

最近まであまりラノベを読んでこなかったんですが、ラブコメって面白いと気づきましたしね!

最近は「弱キャラ友崎くん」「何故かの」「妹さえいればいい」「家カノ」「ゲーマーズ!」とか好きです。一番好きなのはやっぱり「裏方キャラの青木くんがラブコメを制すまで。」かなあ……。

 

とにかく、楽しみつつ書きたいと思います。

ファンタジアが終わったら、9月はMW向けの改稿とかに時間を当てるのもいいかなとか考えてます。

皮算用になりそうな気がヒシヒシとしていますが……。

 

それではまた。