腐れワナビの公募メモと戯言

相崎壁際名義で新人賞に投稿しているワナビのブログ。応募するのは基本的にライトノベル系。

第13回GA文庫大賞前期で入賞しました

ありがとうございます

ちょっとご報告が遅くなったんですが、めでたく第13回GA文庫大賞前期で入賞しました!

本当にラノベ書いてきてよかった~!

 

/twitter.com/aizakikabegiwa/status/1311240347377303552?s=20

ブログやらTwitterやらで反応くださった方々、コメントくださった方々、応援してくださった方々(実はちらほら居たらしい!)、本当にありがとうございます。

ネット経由で繋がった知人・友人もありがとう~。

 

作品をネットに投稿もせずに(ラノベっぽくない短編は数本カクヨムに上げてましたが)ネットの片隅でうだうだ言ってるだけの自分なんて本当にラノベ書いてるのか疑わしい奴だったと思うんですが、それでもTwitterでいいねくれたりコメントくれたり、その一つ一つがマジで嬉しかったです。

 

考えてみれば最初に小説を書いたのが2016年11月、その月末の第9回GA文庫大賞に応募したのが始まりでした。

そっから4年弱でようやくここまで来れました。GAで受賞できたのも何かの縁かもしれませんね……まあ、自分がGAに応募しまくってたのもデカいんですけど(計7回応募した)。

ワナビは最初に一次選考を通過した新人賞を親と思う習性がある(鳥類の刷り込み?)。

 

この4年弱を思い返してみて、まーもちろん楽しいことばかりじゃなかったですし「小説なんもわからん!」状態に突入したのは一度や二度じゃなかったですし(今もよくわからん)、新作がことごとく一次で撃沈して過去作の使い回しが一次通過するのを見て自尊心保ってたマジで終わってる時期もあったわけですけど。

4年弱のすべてに意味があったとかとても言えないし結果オーライとか全肯定じみたことも言いたくないんですけど、それでもまあ、ひとまず勘弁してやるかーくらいの気分ではいます。

 

……なんか今日、すごい良いこと言ってるっぽい雰囲気じゃん。最終回?サブタイトルが「腐れワナビの公募メモと戯言」になってるやつ?

 

どうせだし担当編集さんから受賞連絡の電話があったときの話とかした方がいいのかな……とはいえ特筆するようなことってないんですよね。

受賞おめでとうございますって言われて、今後の流れとか作品の感想とか教えてもらって、あと電話を切った後に「上手く話せんかった……」って凹んだことくらい?仕事の電話と同じ感想じゃん。

 

あ、これは小説家志望の方に耳寄りな情報ですが、電話の中で「受賞したとはいえ今のお仕事は止めない方がいいかもですね……」的なネットでよく見ること言われて、「これ進〇ゼミでやったやつだ!」状態になりました。ちょっとテンション上がる。

 

冷静に考えてGA前期で受賞した場合、通期の結果発表が翌年の春で受賞作の出版もその数か月後なんで、勢いで仕事辞めたらどんどん貯金も目減りして普通に干上がりますしね。

お金ないと俺ガイル3期とかBURN THE WITCHのBDとか買いづらくなるし、定期的な収入大事。(このブログを書く十数時間前にBURN THE WITCHを観た、最高。のえるちゃんの声、トーン、表情、総じてダウナーな雰囲気めっちゃ好き~)

 

何はともあれ自称腐れワナビも受賞することができ、これにてめでたく大団円。

皆さん、さようなら――。   ~fin~

 

 

とはなりません。

今後も人生は続いていきます、っていうか受賞した小説を世に出さないと何のために受賞したんだよって話だし。

ブログのタイトルも変えないとなーと思うんですが、如何せんめんどくさい。そのうち変えます、たぶん……。

 

よく考えるとこれから先の「締め切り」はこれまでの締め切りとはちょっとどころでなく意味合いが違うんですよね。守らなきゃヤバい。

公募みたいに「どれくらい締め切り直前まで放置できるかなチキチキレース」をやるわけにもいかないし。(公募だったらやっていいみたいな書き方をするな。やっちゃダメです)

締め切り前にブチ込める有給もそろそろ心もとないし、これからは真人間になるぞ……!

 

なんか不安になるようなこと書いちゃったかもしれませんが、今もめちゃくちゃ面白いライトノベルを出すために担当さんと協力しつつ頑張っています!

少なくとも自分はこの作品、めっちゃ好きです!他にもこういうの好きって人は多いはず!出版されるその日まで楽しみにしていただければなと!

 

後はなんだろう……あ、報告忘れてたけど電撃小説大賞は普通に二次選考で落ちました。

めちゃくちゃ自信作だったので普通に凹んだけどGA文庫大賞で入賞出来たから許した!(嘘。なんだかんだ言ってやっぱり凹む。だって自信作だったし)

 

 

それではまた。

 

第13回GA文庫大賞前期、二次通過しました

やったね

GAで二次選考を通過するのは久々なので嬉しい。

733作品中の46作品なので、だいたい応募総数の6%くらいまで絞られたのかな。

ga.sbcr.jp

 

タイトルから推測した感じ、自分のと同系統の学園ラブコメっぽい作品は5分の1くらいかな?自作はラブの部分がちょっと怪しいですが。ぼっちだし(?)。

ブコメも増えているっぽい雰囲気を感じるとはいえ、やっぱり全体的にはファンタジーの方が多そう。

f:id:blogofisaac:20200831224549p:plain

 

最初にも書いたけどGAの二次選考を突破するのは久々です。

結局問題はその次なんで、あんまり喜ぶのもな……って気もする。

もちろん嬉しいんだけどね!明日の仕事も今日のことを思い返せば頑張れそう……いやそれは普通に無理だな。

 

まあ二次まで行ったということは、少なくとも1人の編集さんが読んで「これは三次に回してやろう」と思ったってことなので、それはありがたいし素直に嬉しい。

自分は作品を人に読ませないので他人から「面白かった」とかの感想をもらうことはないんですが、こうして選考で上の方に行くと間接的にそう言ってもらえたような感じがしていいですね。

 

前に最終選考まで残ったときは二次選考の発表から半月後に三次選考の結果も発表されたんですが、どうやら最近はいきなり翌月末(前期だと9月末)に最終選考の結果が発表されるらしい。

ってことで一応は編集さんからの連絡待ち(電話待ち)って状態になりました。コワ~。

まあ実際に連絡があるとすれば9月の下旬らへんかなあと思うので、そこら辺になったらソワソワしようと思います。

 

ごめんなファンタジア、間に合わなかったよ……

そういえばファンタジア大賞前期への応募は諦めました。すまぬ(誰に?)。

ラノベライト文芸は何よりも「エンタメである」という点が最優先だと強く信じているのですが、ちょっとそこの自分基準を越えられなかったというか。

今回は文章のバランスがひたすら良くなかったなー。アイデア自体は悪くないので改善してどうにか形にしたいところ。

 

まあ、GAの二次通過したしチャラってことになりませんか?なります。なりました。

ちょっと間が空いちゃうので、代わりと言ったらなんですけどガガガに過去作を一本送ろっかなと思います。

去年のファンタジアで三次落ちした作品、結構面白かったなって気分になってきたので。

 

それではまた。

 

第13回GA文庫大賞前期、一次通過しました

わーい

応募総数が例年より多かったので一次で絞られたりするのかなぁと思いましたが、特にそんなことはなかった。

ありがたやありがたや。一次通過率30%超えってすごい、電撃の3倍。懐の広さが身に染みる今日この頃。

ga.sbcr.jp

無事(?)、電撃に引き続き一次通過できてひとまずホッとしてます。

通過作がこれ。学園ラブコメ(たぶん)です。

f:id:blogofisaac:20200817204015p:plain

 

ペンネームが「あ」から始まるので、五十音順で発表されるGAだといつもほぼ先頭に来てるんですよね。

ページ開いて秒で当落がわかるのでちょっと怖い(毎回言ってる)。

 

ぼーっと選考通過作見てるとやっぱりファンタジー要素を含む作品が多い印象で、現代学園物の応募作はそこまで多くないのかな。

最近のGA文庫はラブコメも多いので、今回はもうちょい増えるかなという気もしてたけど。

 

……ちょっと考えたけど少し前に電撃通過のブログ書いたばっかだし、GAの通過者に書籍化済みのプロが多すぎるよって恨み言以外は特に書くことないな。

もういいか。

 

あ、ファンタジアの締め切りまで残り半月ですが応募はまだ諦めてません。というか月末に有給を突っ込んだので是が非でも出さなきゃ。

これまであんまり書いたことなかったイチャイチャ系ラブコメと和解交渉中です。

 

ファンタジア文庫で言うなら「ネクラとヒリアが出会う時」とか「ゲーマーズ!」とか、あと「お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか」みたいな。

後の2つはちょっとイチャイチャ系ラブコメの範疇からはズレるかなと思うんですが、でも今作のイメージはそんな感じ。

それにしてもネクラとヒリアは予想以上に面白くてびっくり。読む前にハードル下げててごめんってなった。(TLで面白いって言ってた人、ありがとう……)

 

それではまた。

 

第27回電撃小説大賞、一次通過しました

通過しました

マジでよかった~~。

最初に通過作一覧をざっと流し見したときに見つけられなくて絶望しましたが、よく見たら右列中央らへんにこっそりありました。

ありがとう電撃小説大賞、フォーエバ電撃小説大賞。君を忘れない……!

 

いやー。電撃で2次に進むのが第24回以来(3年ぶり)なので、今回の通過は素直にめちゃくちゃ嬉しいです。

去年よりもいい方向に行ってるという手ごたえは感じつつ、結局どうなってるのかは公募の結果を見るまでわからないので……。

 

通過作がこれ。普段はラブコメ系のラノベを主に書いていますが、電撃にはタイトルから漂う雰囲気の通りライト文芸系の作品を応募しています。

f:id:blogofisaac:20200808221416p:plain

 

個人的にはライト文芸っぽくて好きなタイトルになりました(ラノベに多い長文説明調タイトルもそれはそれで好きです)。

地味に「君」を「きみ」にするか、「となり」を「隣」にするかでだいぶ悩んだ記憶があります。あと途中で「、」を入れるかどうかも気にしたなー。

 

電撃はライト文芸系(MW系)狙いの作品が多いイメージで、「君の~」みたいなタイトルはやっぱりちらほらありますね。

ライト文芸ってボーイミーツガールが多いし、どうしてもそういうタイトルが増えるのは仕方がないのです(たぶん)。

 

まあ身も蓋もない話をしちゃうと公募の受賞作って大半は刊行時にタイトル変わるから、応募時に気にしても仕方ないっちゅー話もある。

特にラノベ系の新人賞はかなりの割合でタイトル変わってる気がします。

 

通過作の割合

第27回電撃小説大賞は応募総数が4355作(長編3183作・短編1172作)、そのうち一次通過作は436作(長編373作・短編63作)だそうです。

dengekitaisho.jp

割合で言えば436/4355で、全応募作の10%くらいが一次通過したって感じですね。長編に限ると373/3183で11.7%。

電撃以外にもガガガは一次選考でこれくらい絞ってきますが、GA文庫やMF文庫の新人賞は3割くらいが一次通過するイメージ。ファンタジアも25%くらいでしょうか。

 

暇だったので(嘘。本当はファンタジア大賞に応募する作品を書かないといけないが、暑いとか中日ドラゴンズが負けすぎて気が乗らないとか今日はもうビール飲んじゃったとか理由を付けて全力で目を逸らし続けているだけ。こんなことをやっている場合ではない)過去5年間の電撃大賞の応募総数と一次通過の割合をまとめてみました。

 

第26回:応募総数が4607作、一次通過が467作。通過率が10.1%。

第25回:応募総数が4843作、一次通過が510作。通過率が10.5%。

第24回:応募総数が5088作、一次通過が575作。通過率が11.3%。

第23回:応募総数が4878作、一次通過が661作。通過率が13.5%。

第22回:応募総数が4580作、一次通過が592作。通過率が12.9%。

 

……なんか、だんだん一次通過のハードル上がってる気がしないこともないですね。怖い。

とはいえおおよそ10%強くらいのラインだしここまで厳しいならもはや微差って感じですが。

 

本当は長編の通過率とかも出した方が誠実なんでしょうが、めんどくさいのでやってません。

というか選考結果のページに応募総数中の長編・短編の内訳が載ってなかったんですよね。一次選考に残ったうちの長編・短編の作品数はほぼ記載されてるんですけど。

 

ラノベニュースオンラインとか外部のアーカイブサイトとか見ればわかるのかもしれないんですがダルい。

仕事じゃないから適当でいいんです適当で。

 

そういえば皆さんは8日から夏休みですか?ひょっとして9連休とか満喫しちゃってるんでしょうか。いいですね~~。

こちらは山の日含めた3連休を終えたら11日から普通に仕事です。ここ数年お盆休みとか無いんだが?誰か助けてください(こんな締め方でいいのか?)。

 

それではまた。

 

最近(4/10の電撃締め切り後)読んだラノベの感想とかなんやかんや②

感想の続き

前回はから。

 

弱キャラ友崎くん LV.8.5」

www.hanmoto.com

おいおい、あの8巻のヒキからの短編集ですか。まあいきなり続きをぶっこまれるのもしんどいから口直しに短編集もいいよねと思いつつ読んだのだが開幕即菊池さんの話(「ファースト・クリスマス」)で轟沈。おい!

 

自分はみみみが好きなのでお気に入りはやっぱりみみみ視点の「好きな人のカノジョ」なわけですが、ジャブ打って相手の反応をうかがうみたいな会話が好きですね。

あと最後らへんでたまちゃんがみみみに向けた言葉、良さに溢れすぎてるでしょ。

日南と友崎(nanashi)のファーストコンタクト(友崎の方は自覚してないだろうが)に当たる「名もなき花」もあって、物語中でだんだん日南のバックボーンに焦点が当たりつつあるのもいい。

 

今回、打ち上げだのカラオケだの的確に過去の忘れたい思い出に触れてくる短編集だったので、読んでてなかなか精神が削れた。

そして最後にまーた菊池さんの話が来たので心が辛い、この後に8巻の続きが来るわけか……人道に対する罪ですよこれは。

 

 

 

「夢見る男子は現実主義者」

www.hanmoto.com

こういうシチュエーションもあるか~って個人的にやられた感が強かったラブコメ。無自覚に種ばら撒いてる主人公の罪深さよ……。

ユーモアな一人称とかひねくれたセリフでバリバリ茶化してくるのが好きなので良かった(「マジかよ俺レベル足りないんだけど」は今作でもかなりツボ)。

主人公とお姉ちゃんの関係性も好き。こういう血縁関係いいよね。

 

全体的にだいぶ砕けた口調な上にモノローグが勝ち気味なので、最初読んだときは結構面食らった記憶。

シーンが変わった後にいきなりモノローグが入って上手いこと状況がつかめない、ってパターンがたびたびあったので……(自分がバカなだけという可能性も高い)。

 

最初はシーンの背景絵やキャラがビジュアルでわかるノベルゲー・美少女ゲーの影響だろうかと思ったんだけど、あとがきを読むにおけまる先生はネット小説文化出身の方らしいのでそちらの影響かも。

連載1話の区切りをコンパクトにまとめる傾向があるネット小説だと、シーンの状況説明とか情景描写があまり重視されないのかも(そんなことよりストーリーをやれって感じか)なーと思った。

 

まあ読んでるうちにそこそこ慣れたので無問題。2巻も出るらしいので楽しみ。

 

 

「きのうの春で、君を待つ」

www.hanmoto.com

ストーリーも当然ながら面白いけどまず文章がすごく上手い。こういう情景描写ができたら文章書くのも楽しいんじゃないだろうか……。

1日進んで2日戻る、という時間的な設定が面白く生かされてて、毎回微妙なシーンから始まっちゃうのには笑った。

時間を遡るにつれて前のシーン(時間的には未来)で見せた登場人物の反応やら行動の意図が判明していくのが面白い。

 

そして前作の「夏へのトンネル、さよならの出口」は最高に刺激的でキュートな転校生で、今回は最高に切ない別れから二年ぶりに再会した幼馴染、八目先生の作品はヒロイン力が強いですね。

ヒロインの保科あかりに関するシーンは書くのが非常にしんどかったらしいけど、読んでるこちらも非常にしんどかったよね……いや、その分だけ好きになるんだけどさ。

このラノベヒロインに幸せになってほしい!2020(宝〇社)」1位が保科あかりです。2位は「サンタクロースを殺した。そして、キスをした。」の少女。この作品も良かったな。

 

 

「中古(?)の水守さんと付き合ってみたら、やけに俺に構ってくる」

www.hanmoto.com

真打ち。もはやこの作品の感想を書きたいがためにここまで書いたと言っても過言ではないかもしれん。いや流石にちょっと過言です前出の作品だってどれも面白いし好きだし人にも読んで欲しい。

でも真打ちとか書いちゃうくらいには、この作品が大好きです。読んだ順が最後なのは偶然。

 

最初はまあ自分もラブコメを書いて新人賞に応募しているわけだし、近ごろ刊行されてるラブコメ作品でも読みましょうかねみたいなノリで読み始めたんですよ。吉田ばな先生のイラストも良いし。

そしたら主人公の卑屈さをユーモアで茶化すような一人称は好みだわ水守さんは可愛いわ主人公もなんやかんやカッコいいわで大当たりでした。

 

二章の空き部室周りの問題を収めるやり方も好きだし、デートシーンも好き(委員長いい人だ……)。観覧車のシーンとか最高じゃん。

里久君が初めて付き合ったのが水守さんでよかったよ……(誰目線の感想?)。

水守さんの悪いうわさが広まり過ぎてるところや学校生活の厳しさはに少し辛い部分があるけど、だからこそ三章の諸々が生きてくるんだよね。

 

三章での涼音の言葉も(182ページ、これは本当に参ったあまりにも良すぎる。自分はつくづくこういうのに弱いなあと思います)水守さんの対応もその後の主人公が取った行動も全部ひっくるめて大好き。

会いたいって感情だけで行動する主人公最高過ぎるでしょ!!

マジで「うおおおおお~~~!!」って叫んだし興奮してベッドの上でゴロゴロ転がりまくった。

やっぱりラブコメの主人公は最後の最後にヒロインのことだけを考えて思わず体が動いちゃって、体面とか場の空気とかそういうもの全部ブッ飛ばしてほしいよ。

 

1巻では水守さん周りで開示されてない情報も多いし最後にちょっとしたヒキを残してるんですが、どうやら2巻も出るらしいので安心してください。

全人類にオススメです。

 

 

ざっとこんな感じでしょうか。もはや長すぎて誰もここまで読んでない気がする。

まあ自己満足だしそれでもいいや。

 

ここで感想を書いた作品はどれも面白いと思ったのでオススメですが、別にここで感想書かなかった作品が面白くなかったというわけではなく、先にも言った通り文章がすんなり出てきたかどうかだけの問題です。

俺ガイルの13巻、14巻とかめちゃくちゃ面白かったので1日ぶっ続けで読んだけど、感想書くの大変なのでここでは書かないし。

そもそも感想書いてみてわかったけど、どうしても読んだ巻以外の話にも言及したくなっちゃって文字数がかさむ。しんどい。

 

次の応募予定は一応9月末のガガガ……と考えているのですが、今のところなーんもアイデアが思い浮かんでないのでわかりません。

まあどうにかなるやろ、なってくださいお願いします。

 

それではまた。