腐れワナビの公募メモと戯言

相崎壁際名義で新人賞に投稿しているワナビのブログ。応募するのは基本的にライトノベル系。

小説に関してインプットとアウトプットが偏りすぎる

書いてるときは読めないし読んでるときは書けない

これって普通なんだろうか?

やっぱり小説を書くからにはどっかでいろんな小説をインプットしてかないといけないと思うんだけど、俺の場合小説を書き始めてからあんまり小説読めてないんだよな。

そりゃ世の中の平均と比べれば読んでるんだろうけど、小説を書き始める前の俺と比べると明らかに小説読むスピードが落ちた。

たぶん一番小説読んでたのが高校の頃かな……義務教育じゃなくなって、「まあ最終的に大学入ればいいんだろ」って感じで授業中に小説読んでたから。

確かに小説は読めたけど、受験直前に詰め込むことになって苦労したからあのときの俺はアホだった。

しかしそのときの貯金で今小説書けてる俺がいると思うと、完全に切り捨てるのも無理だよなー。

アホでバカだったけど必要ではあった、くらいか。

 

それにしても、まだデビューすらしてないのに過去の貯金を切り崩してるのは本当にバカでしかない。

実際は現在進行形でじゃんじゃん新しい小説読んで、いろんな蓄積を増やしていかなきゃいけないはずなんだけど……。

アニメならご飯食べながら観られるんだけどなあ。あと音楽。

映画とか小説は最近マジで観てないし読んでない。マズい。

 

新人賞に応募し終えた後はそれなりに読むんだけど、締め切りが近づいてくるとどうしても「いや読んでる場合じゃねーだろ、書けよ」っていう考えが頭に浮かんできてしまう。

仕事から帰ってきてご飯食べて、とりあえずパソコン開いてネットサーフィンして音楽聴いて、とりあえずブログだけ書いて一応テキストエディタも開く。

「この前買ってきた本でも読もーかな」って思っても、いやいやそろそろ締め切りだし執筆すすめなきゃ、って思って読まない。

それで書くんならまだしも、結局なかなか書かずにうだうだしてるうちに12時回って寝てしまう。

最近この繰り返し。

 

我ながら書いてて死にたくなってくるのー。

なんじゃこのダメ人間は。

まあダメ人間じゃなかったら今頃こんなアホみたいに自堕落な生活送ってないしな。

最近自分に対する許容度がどんどん下がってきて、今は「まあ仕事行ってるだけマシだろ」って感じなんだけど、そのうち「まあベッドから出ただけマシだろ」にランクダウンしそう。

最終的には「まあ今日も生きられたしマシだろ」ってなってニートだな。

本とかCDを失うわけにはいかないのでホームレスにはならずに踏みとどまりそうだ。

 

仕事もなー。楽しいっちゃ楽しいけど家から出るのもだるいし会社のノルマ的なのがだるい。

生きてるだけで誰か褒めてくれないかな。具体的には死なないだけのお金くれないかな。

ベーシックインカムーー!!