腐れワナビの公募メモと戯言

相崎壁際名義で新人賞に投稿しているワナビのブログ。応募するのは基本的にライトノベル系。

第13回小学館ライトノベル大賞に応募しました

前に記事書いたのが3か月くらい前で笑う

 

半分くらいここの存在を忘れかけてたな……。

あれですね、あんま小説書けてないと罪悪感というかバツが悪い気がして、こっちの更新もおろそかになりがち。

 

今月から11月締め切りの第11回GA文庫後期に出す予定の小説書くつもりなので、それが順調に進んだらこっちも更新するかもしれないです。

順調にいってくれ(祈り)

 

第13回小学館ライトノベル大賞に応募しました

 

ってなわけで、今回の更新は9月30日締め切りだった第13回小学館ライトノベル大賞に応募したついでって感じです。

なんのついでなのかわかんないですけど。

 

今回は新作を一から書いたんじゃなくて、この前の電撃で落選した作品を改稿して出してみました。

時間がなかった電撃では速攻で落選したもののそこそこ気に入ってる作品で、このまま捨てるのも惜しいなーと思ったので改稿してみました。

 

具体的にはなんかノリで方言で書いちゃったセリフを標準語に直したり、イベントの順序を組み替えたり視点を変えたり気にいらない文章を書き直したりしたらほぼ全文書き直すハメになりました。

「改稿だしそんなに時間かかんないだろ」と余裕ぶっこいて九月に入ってもしばらくダラダラしていた結果、台風24号が直撃した週末に停電の恐怖におびえつつPCカタカタやる羽目になりました。なんてダメ人間だ……。

 

幸いにも拙宅が停電することはなく、23時38分とかそこらへんに応募完了しました。

毎度毎度ギリギリなのホントよくない、よくないんだけどやっちゃうのが人間なんですね。

 

「だって人間だもの」

って言っておけばなんでも許されると思ってる節が自分にはある。

 

人間なのは最強の免罪符。

PCがバグると許されない感じあるけど人間だとまあ、多少バグッたところでしょうがないってなるもんな。

 

羽生まゐごさんの「浮世巡り」めちゃいいです

 

今日の仕事終わりに通販で注文したやつをコンビニで受け取ったんですが、想像以上に良くてずっと聴いてます。

 

www.youtube.com

阿吽のビーツ」とか「ハレハレヤ」が好きだったので買ってみたんですが、4曲目の「冥々」がとんでもなくよくてリピート再生しまくってます。

 

サビへ移行する直前の音が微妙にきれいな和音になってないんですけど、その微妙に食い違ったまま奇跡的に綺麗な感じで移行してくのが最高に気持ちよくて無限に聴いていられる。

完全に当たり……。

 

 

久々にブログ書いたら面白かったしまた書こう。

最近映画は「リズと青い鳥」「万引き家族」「カメラを止めるな!」「スターリンの葬送狂騒曲」「君の膵臓を食べたい」「ペンギン・ハイウェイ」あたりを観ました。

全部面白かったけど、特に「リズと青い鳥」は人生で五指、「ペンギン・ハイウェイ」は十指に入るくらい最高でした。