腐れワナビの公募メモと戯言

相崎壁際名義で新人賞に投稿しているワナビのブログ。応募するのは基本的にライトノベル系。

T-cophonyっていう人のダブルネックギターinstが幻想的ですごくいい

本当にきれい

f:id:blogofisaac:20171106190326p:plain

ダブルネックギター知名度ってどれくらいあるんだろうか? 俺はこの人の動画を見て初めて知った。違和感バリバリの見た目なんだけど、上手な人が弾くとこんなきれいなインストになるんだなー。

とりあえずいっぺん聴いてみて欲しい。

www.youtube.com

「Closed」という曲。

すげー……マジで2本のネックを一緒に弾いてるよ。

ベース部分にリズムにメロディもちゃんとある。演奏してる部分はちゃんと全部見えてるんだけど、脳みそが上手く処理できないというかなんかもうわけわからん。

アコギだからなのかな、音がたくさん重なってもうるさくならない。どれも聴いていると、心がゆっくり浄化されてる感じがする。

 

そしてこれ、2本のネックが近くにあるからか、反響してる感じがあって余韻がとても深い。

だから少し、ダブルネックギターで演奏した曲はどこか深くに連れてかれるような、目がトロンとしてくるような感じがする。

もはや合法麻薬。

どこか都会の片隅にある静かな部屋に引きこもって、少なくなった銀行残高も拓けない将来の展望も体面もしがらみも全部捨てて、日が沈むまで一日中聴いていたい。

何も無くてもこれだけあれば、幸せな幻想がまた見れそうな感じがする。結局幻想なんだけど、でもいいやって思える、たぶんそんな感じ。

何言ってるのか自分でもよくわからないけど、とにかくとても好きだ。

 

作曲演奏しているT-cophonyというアーティストは、アコースティックギターの特殊奏法を駆使した曲をYoutubeにたくさんアップロードしている。

ダブルネックギターに限らず、通常のギターでもとんでもない演奏をしてる。コレとか。

www.youtube.com

どうなってるんだもう……最高……。

 

この人は前に「行列のできる法律相談所」に登場したこともあるらしい。

Youtubeでオンエア映像の断片を見ることができて、そういえば紹介してるフット後藤って「ジェッタシー」とか演奏してたなーと思いつつ。

っていうか調べてみたらフット後藤ちゃっかりダブルネックギター買ってるじゃん……マジかよ。

f:id:blogofisaac:20171106023330p:plain

っていうかフット後藤はそんな重要じゃない。

 

ちなみにT-cophony、別にアコギのみの演奏にこだわってるわけじゃなくて、バンドサウンドも打ちこみもやってるから結構幅広い。

www.youtube.com

これ、ギターのみのインストとはまた趣が違うけどめっちゃカッコいいっすね。

 

はー、最高。

こうやって良い音楽に出会う度、良い音楽がありすぎて絶対死ぬまで退屈しないんだろうなっていう安心感と、俺が聴かないまま死んでしまう音楽もあるんだろうなーと思って悲しくなる。

人生60年か70年か80年かわかんないけど、絶対足りないな。

 

こうしてまた買いたいアルバムが増えていく……。