腐れワナビの公募メモと戯言

相崎壁際名義で新人賞に投稿しているワナビのブログ。応募するのは基本的にライトノベル系。

GA文庫大賞の一次落ち評価シートが返って来た

GA文庫大賞の評価シートを受領した

 

 

今日は仕事しながら全裸待機状態だったんだが、ぶっちゃけ家に戻ってPC確認するまでは「まーあそこちょくちょく延期とかあるからな」って思ってた。

そしたら予想に反してちゃんと届いてた。評価シート。

そう言えばまだ電撃の評価シートは受け取ってないから、これが通算二枚目の評価シートってことになる。

前回貰ったのもGA文庫で、そのときは処女作が二次落ちだった。

今回は一次落ちなので、前回よりも早い段階で落ちたわけだ。

まーそこはしょうがないよもう、今更考えたって仕方ねーさと流石に落選から一か月もすれば開き直れるもんで、別にショックっていうほどのことは無い。

 

俺の作品がそんなもんだった、それだけ。

 

気になる中身

で、早速ネット上でダウンロードしてPDFファイルを開いた。

 

少なくともGA文庫はこういう形式なんだが、他の新人賞では普通に郵送だったり新人賞のHPにアカウントを作ってそこから見る形式だったりする。

電撃なんかは後者の類っぽいが、まだ受け取ったわけじゃないのでよくわからん。

 

一次落ちの中でさらにA~Eの5段階で評価してくれるんだが、そっちは「C」だった。

「C」というのは「物語としての体裁は整っていますが、つたない部分が目立ちます」という段階で、まあそんなもんか、という印象。

ここの項目では文章力・表現力が3、それ以外の設定、キャラクター、ストーリー、作品構成力は2だった。

結構ボロボロなので多少凹みはしたが、そりゃ一次で落ちるよねって感じ。

それよりも注目したのは下読み(? 編集者さんかも)の人が書いてくれた講評。

まー正直ね、一次落ちなんだから大したこと書いてねーだろって思ってたんだが、予想を裏切って10行もじっくり書いてくれてた。

それでまた書いてある内容が優しい。

「おいおいそりゃいくらなんでもちょっと甘すぎるんじゃねーの、それじゃ腐れワナビがつけあがるぜ」っていうくらい。

流石にコピペは出来ないがざっと書くと

「流行の異世界転生物で読者を楽しませようっていう熱意はあった、その中で個性もあった」

「でも根本的に異世界転生物のこと理解してないよね、現世と転生後の世界であんまり境遇が変わらないなら異世界転生した意味が無いじゃん」

「そもそもこれ主人公の姿かたちが維持されてるんだから異世界転移だよね」

って感じでした。

なるほどおっしゃる通りで……俺は異世界転生物を読んだことがありません。

アニメだったら「このすば」だけは観たことがあるんだけど、それもカズマが転生した後の2期だけなんだよなー。

だからぶっちゃけ異世界転生はよくわからん。別に嫌いじゃないんだけどただ触れてこなかったというか。

「なんか流行ってるし、流行乗っとくのは大事だろ」って思ったらこれだよ。舐めすぎだって話。

 

ともあれGA文庫さん、俺の作品を読んでくれて、また貴重な講評もいただいてありがとうございました。

 

 

反省と感想

というわけで今回の評価シートについての反省と感想。

個人的には迂闊に異世界転生に手を出したことによりキャラクターの魅力が失われた点が問題だったと思ってたんだが、それ以前の問題だったんだなーと反省した。

よく知りもしないのに書くな、書くならそれなりに研究しろっていうことか。

やっぱ俺は異世界転生物における重要な魅力、「転生前と転生後の環境の変化」を理解してなかったんだな。

もう一つファンタジアで一次落ちしたやつもある(あっちは一次落ちだと評価シートが返ってこない)んだが、それも異世界転生物だった。

やっぱ慣れないフィールドで戦うのは分が悪いから、次はもっと自分の趣味嗜好に近いやつで勝負しよう。

異世界転生物を書くのはもうちょっと勉強してからということに。

 

重ね重ね読んでくださった下読みさん(編集者さん?)には感謝します。

ありがとうございました。

また後期で出しますので、そのときはよろしくお願いします。

次はもっと面白いやつを、通さざるを得ないようなやつを送ります。

異世界転生じゃないです。多分大分毛色が違うやつになります。

 

評価シートが返ってくるとやる気が倍増するのでいいっすね。

この三連休はがんばるぞい。