腐れワナビの公募メモと戯言

相崎壁際名義で新人賞に投稿しているワナビのブログ。応募するのは基本的にライトノベル系。

執筆

GA文庫大賞後期の締め切りまで休みが残り4日しかない

正念場 ですなー。 まあ本当は今頃、もう書き終わってて推敲に入ってるのが一番いいんだけどなあ。 先日もどこかで「作家は書き上げた後にどれだけ描き直せるのかが大事」って言ってる作家さんの文章を見て「おおう……」ってなったところ。 頭ではわかってる…

そろそろGAの締め切りがヤバいので頑張る

いつもより危機感覚えるのが早い 成長したなあ俺も……。 いや、本当はこうなる前にさっさと計画的に書けよって話なんだけど、それが出来たら苦労しないわけで。 まあ、こうしていっつもヤベーヤベー言うのももはや恒例と化してきた。 懐かしいなあこの感覚。 …

書きたいことばかり溜まって筆が追い付かない

ネタが尽きるよりはマシか とも思うんだけど、しかし「書きたい!」って思ったものになかなか手が付けられないのは辛いものがある。 ちょっと前に「風呂場でアイデアが湧いてくる」って話をしたと思うんだけど、もうアイデアが湧いてくるスピードが明らかに…

第24回電撃大賞の評価シートが来た②

aizakikabegiwa.hatenablog.com の続き。 選評の中身2-2:各項目評価…オリジナリティー ここの項目については特に書くことないですね。 B+評価が1人、B評価が3人、B-評価が1人でした。 びみょー。 まあ、取り立てて高評価が得られてないというのはわ…

第24回電撃大賞の評価シートが来た①

第24回電撃小説大賞の評価シートが返って来ました。四次落ちだったんですが、まーまだまだ受賞ラインには程遠いかなーって感じ。選評読むの楽しい。選評肴に酒が飲める。

第10回GA文庫大賞後期締め切りまで1か月

11月来るの早すぎ 新人賞の締め切りが来るたびにこんなこと言ってるな……。 恐ろしいことに、まだ投稿(予定)作品の完成が見えないままもう11月になってしまった。 いや、一応ラストまで考えてはあるんだけどね……。本文がなかなか書けない。 今までにない文…

小説書いてるとよく描写が抜ける

小説中の描写の話 当たり前なんだけど忘れがちなことに、「読者は作者じゃない」ってことがある。 何言ってんだこいつはって思われるかもしれないけど、つまり 「自分が書いた小説の読者は、作者が頭の中で考えた情報を知ることができない。読者がが得られる…

小説に関してインプットとアウトプットが偏りすぎる

書いてるときは読めないし読んでるときは書けない これって普通なんだろうか? やっぱり小説を書くからにはどっかでいろんな小説をインプットしてかないといけないと思うんだけど、俺の場合小説を書き始めてからあんまり小説読めてないんだよな。 そりゃ世の…

一番アイデア湧いてくるのってやっぱ風呂だよね

まあ俺はいつもシャワーなんだけど 一応ユニットバスなんだけどね……普通に考えて、ユニットバスで風呂入れなくない? シャンプーとかボディソープとか浴槽の外に置いといたら、トイレの床びっちゃびちゃになるよね。 それともユニットバスで風呂に入るような…

自分が書いた作品を記憶失くした状態で推敲したい

小説書いてるときは大抵酔っぱらった気分 基本的に小説書いてるときなんてのは、どっか酔っぱらってるのと似たような状況になってる。 何て言ったらいいんだろう、PCに向かってるこっち側の意識が非常に希薄というか、物語の方にどっぷり浸かってるというか…

台風で外も出られないし小説書く

まあ台風来てなくても外出ないんだけど はい。 小説書いてて思うけど、社交的なうえにさらに小説書く時間がある人ってどんな時間管理してんだよ。 普通どっちも取れないでしょ……二兎を追うものは的な感じになっちゃうでしょ。 俺なんかもいちいち休日に誘っ…

第10回GA文庫大賞後期に向けてボチボチ書き始めた

いつもよりちょっと早い まあ、これまでにも少しは書いたりしてたんだけど。 土曜日に勉強会があって、そこで考えたことを反映させてちょっと冒頭の雰囲気を変えてみたから、実質書きなおし。 普通こんなのわざわざ言うほどのことでもないんだけど、こうやっ…

ライトノベル勉強会(関西)に行ってきた②

俺のプロットも読まれた。そもそも作品だって新人賞の下読みさん編集さん以外に読まれたことないので、めっちゃ恥ずかしかった。 なぜか戦争モノ被り気味なプロットあったしなー。みんな好きなんっすねえ戦争。 いろいろとツッコまれもして、そのたびにしど…

ライトノベル勉強会(関西)に行ってきた①

ライトノベル研究会主催のライトノベル勉強会が関西で開かれました。参加してきたので簡単にレポというか感想というか。書籍化作家さんにもお会いできて感激。みんな優しかった(小並)。

学生のうちにデビューしたかった

『大学在学中にデビュー』って煽り文句 憧れるよね。 なんかこう、天才っぽい。おんなじノリで「十代でデビュー」もかなりポイント高い。 こういうふうに考えてる人は少なくないんじゃないだろうか。 これはなにも小説に限ったことじゃなくて、音楽でもスポ…

小説における設定の描写を地の文でやるかセリフでやるか

毎回迷う 難しくないですか、これ。 ラノベでも現代を舞台にした学園ラブコメとかだったらあんまり悩まないと思うんですよ。読者との共通認識がはっきりと存在してるので。 学校っていうのは教師から生徒が勉強を教えてもらう場所。 生徒たちは大抵学生服と…

プロットに悩む

人に見せる用のプロットとは? 一応普段から小説を書く前にある程度のプロットくらいは考えるんだが、今度のラノベ勉強会ではプロットを見せ合って相談するというコーナー(?)があるらしい。 滅多にない機会なのでぜひ活用したいんだけど、よく考えてみた…

今度初めて自分以外にラノベ書いてる人と会う

一昨日書いたコレ。 aizakikabegiwa.hatenablog.com このライトノベル研究会が主催する「ライトノベル勉強会」ってやつですね。 どうやら関西(京都)で開かれるっぽいので、参加することにしました。俺はなんかもう参加表明の時点でビビッてたんですが、当…

ツイッターで話題になってるっぽいラノベ新人賞での落選作使い回しについて思ったこと

なんか話題になってるっぽい リアルはおろかネットでも社交的な人間じゃないので、年中無休で浦島太郎状態の俺が珍しく話題に乗っかります。 これとかにまとめられてんのかな。 togetter.com 落選した作品を別のレーベルに再投稿するってアリなの? ナシなの…

新人賞で選考中の作品があるだけで精神が穏やかになるというワナビあるある

あると思います 昨日ガガガの新人賞に応募したんだが、電撃の選考が終わってから今まで持ち弾がゼロだったんだよね。その状態が本当にしんどかった。 aizakikabegiwa.hatenablog.com だって、何も選考中というか応募中の作品が無いってことは、現状作家にな…

第12回小学館ライトノベル大賞応募しました

応募完了しました! いやー、もうダメかとおもったね。考えたら金曜日仕事から帰ってきて今まで仮眠挟みながら書いて、だいたい文庫換算で30ページくらい書いてるんじゃないか? 人間やろうと思ったらこのくらいはできるってことかな。 もう二度とやろうと思…

第12回小学館ライトノベル大賞の締め切りまであと29時間ないとか嘘だろ

『29時間』 とかそういうタイトルの映画ありそうっすね。探してないけどたぶん世界のどっかにあるんじゃねえかな。 っていうかこんな話をしている場合でもそもそもブログなんか更新してる場合でもないんだが、とにかくどっかに今俺が感じてる理不尽を吐き出…

土曜日の俺はたぶんめちゃ頑張ってくれるはず

頼んだぞ、土曜日の俺 いや、ちゃんと今日も書いてるんですよ? 書いてるんだけど、やっぱり平日はどうしても時間がね。さっきまでマンガ読んでたのはノーカン。「すみっこの空さん」めっちゃほんわかするし考えさせられるしこれは必ずや小説の肥やしになる…

あと3日。なんかいける気がしてきた

あと3日 ガガガの応募締め切りまであと3日。 今現在、あんまりはっきり把握してないけど55DPくらいだろうか。応募要項は70DPなのであと15DPで一応は投稿出来ることになる。 もちろんただ応募するだけじゃ意味なくて、なんとか面白い小説を投稿したいの…

ガガガ締め切りまであと4日(と少し)

時間が欲しい 新人賞の締め切りが来るたびに思う。「あと〇日あったらなー」「あと〇時間あれば推敲できるのに」みたいな。 まあでも、そろそろ俺も学ばなきゃいけんなと思い始めた今日この頃。 本当にね、ちょっと前にも書いたけど俺は皮算用ばっかりしてる…

一番小説書けるのが出勤直前の時間帯だという事実

ラノベ新人賞に応募しているワナビが、執筆がいちばんはかどる時間についてだらだら書いた記事。

第12回小学館ライトノベル大賞(ガガガ文庫)締め切りまで1週間

ガガガの新人賞(小学館ライトノベル大賞)締め切りが1週間に迫り、果たして俺の執筆は間に合うのか?という話。 間に合え。

締め切りまでの皮算用をする前に書け

締め切りのたびに皮算用 するんですよ、俺。 「あー、締め切りまであと〇日しかねー。ヤバい、無理かもしんない。ああでも、よく考えたら1日に文庫換算10ページ分書けばどうにかなるのか。週末もあることだし、意外と大丈夫かもしんない」 大丈夫なわけねー…

ライトノベル作家がバンドマンだった確率高すぎ問題①

ラノべ作家意外に非リアじゃない説 はい、というわけで本日はこの話題について考察したい。「本日は」とか言っちゃったけど、これまで特に何かを考察してきた記憶はない。 どうせこの記事を開いてるあなた、「どうせラノベ作家なんて非リアの頂点を極めたよ…

小説書かなかったら拗ねてくれる美少女が欲しい

欲しい。 欲しくないですかワナビの皆さん。 小説を書き始めてから本当に実感してるんだが、やっぱりプロットを考える前段階、本当に適当にぼんやりと設定とかを考えてるときが一番楽しい。 だってもう何でもありだもん。一番盛り上がる部分だけ延々と空想し…