腐れワナビの公募メモと戯言

相崎壁際名義で新人賞に投稿しているワナビのブログ。応募するのは基本的にライトノベル系。

第26回電撃小説大賞、一次落選でした

残念……

dengekitaisho.jp

 

いや、マジかー……。

正直言って自分の現時点で書けるなりのベストを尽くしたし、作品にもちゃんと反映されていたと思っていたので凹んでいます。

あれ落ちちゃうのか―。

 

最初にページ開いたときにざっと自分の作品がありそうな場所(電撃の発表は基本的に投稿順で、締め切りギリギリになって出したら大抵ページの右下にある)を見て「あれ、ひょっとすると無いかもしれないぞ?」って感じたときのヒヤヒヤ感。

ペンネームやらタイトルやらでページ内検索して検索結果0件だったときの虚無感。

二年も続けて味わってますけど慣れないです。

 

落ちた人間が何言っても恥の上塗りなんですが、八月いっぱいは楽しめるかなーなんて思っていた時期がありました。

実際のところ七月早々に敗退しましたが。

夜中にどら焼き食べるくらいには凹んでます。お酒飲むのは理性が働いて止めた。

 

まー今回は残念でしたけど、今回の作品は改稿してまた応募してみます。

個人的にもとても好きな感じに仕上がっているし、実際小説としてのクオリティは二年前に四次までいった作品よりも上だと信じているのでこのまま捨てるに捨てられぬ……。

 

ただ、社会人女性主人公の現代モノ、ライトミステリ―と完全にライト文芸系なので、使いまわせる新人賞が少ないのがちょっとネック。

電撃には他のラノベ系新人賞に出せないっぽいものばかり送ってるからなー。

 

ま、引きずるのは今日だけにして、明日からはまたファンタジア向けのプロット作りに入ります。

くそー、電撃が取らないんなら他所でデビューしちゃうからな……見てろよ……(負け犬の遠吠え感が凄い)。

 

ちょっと前見た夢に出てきた女の子がめちゃ魅力的だった話、あるいはどっかの砂浜で瓶のコーラでも飲みたいねって話

このまま放っておくと忘れちゃいそうなので

あんまり夢とか覚えてない方なんですが、この前GAの締め切りがヤバいあたりに一つ印象的な夢を見ました。

印象的というか出てきたヒロインが凄く魅力的だったっていうあれなんですが。

 

最近めっきり二次元にどっぷり浸かってる人間なので覚えてる夢のうち半分くらいは二次元なのですが、その夢も二次元でした。脳内アニメ。

自分のビジュアルはちょっと覚えてないんですけど、夢の始まりは一人のヒロインと出会ったシーンだったような……たぶん。

 

確かコンビニかどっか行ったときにヒロインの女の子がバイトしてたんですよね。

女の子は「二度めの夏、二度と会えない君」のぶーた先生が描くヒロインみたいな感じで、そりゃもうとてつもなく可愛いわけです。

 

確か茶髪っぽい髪色のセミロングで、前かがみになると髪が鎖骨あたりにまでくる。色は白目で目が大きい(二次元なので)。

外見が可愛いだけじゃなくてなんかこう一生懸命だし性格もいい子だし、特に何があったわけでもないと思うんですけど気になる存在で。

バスケ部に所属してるらしくて、活発な印象の子でした。

 

後からわかったんですけど、女の子は本屋でもバイトしてたんですよね。

二階建ての結構大きめの本屋で、内装は木目調で結構お洒落な感じ。それだけ妙に覚えてます。

 

凄くたくさんバイトしてる子だなーと思ったら、その本屋かどこかで女の子がクラスの女子たちに詰められてるところを目撃しちゃって。

詳しいことはわからないんですけど、どうも部活内でマズい立場にあってお金とかを巻き上げられてたようです。そのお金を工面するためにバイトしてたという。

 

本人は凄く厳しい状況にあるんですけど、その子は周りの人に優しいんですよね。夢の中の自分にも。

なんでこんな健気でいい子がそんな目に……とか思う訳なんですけど、夢の中の自分は何もできない。

 

そんなとき急にその女の子視点になって(夢なのでこんな急に視点人物が変わるのもアリ)、夜の街でバイクに乗ってる。

バイクの後部座席には別の女子が乗ってて、そいつは自分をいじめてる女子だったんですよ。どうしてそんな状況になってたのかは謎なんですが。

 

二ケツのままバイクで走り続けて山道っぽいところのカーブを曲がるとき、後部座席の女子がバイクから転がり落ちました。結構な勢いで転がっていって、たぶん無事じゃ済んでない。

急カーブだったので偶然の事故だったのか、女の子がわざとバランスを崩させたのか、夢の中の自分にはわからなかったです。その後女子がどうなったのかもわからない。

 

でも女の子は女子の方に向かうことはなく、妙に清々しい気分でバイクを走らせ続けて。

ふと上を見上げたらめちゃくちゃ星空が綺麗なんです。地面に近いあたりが濃い紫色で角度が上がるにつれてだんだんと黒さが増していって、天頂は星が零れ出してるみたいにキラキラとした粒が広がっていて。

それだけで女の子の心は凄く気分がよくなって、もうどこまでも走っていけそうな気分になるんですよね。

 

そして朝になったところででいきなり夢の中の自分が登場して、目の前に女の子が現れるわけです(ここからはもう自分視点)。

とうに夜は明けて陽が昇ってて、完全に空の色が夏の青。

女の子に自分がどういう言葉で誘われたのか忘れたんですけど、とにかくいい笑顔だったのは覚えてます。このとき夢の中の自分は、女の子がバイクで女子を振り落としたこととか知らなかったと思う。

 

そんで当たり前のように二ケツして海まで行ったら、海の色が自分たち以外誰も居ないのが勿体ないくらい綺麗な青で、ちょっと狭い砂浜がまるで秘密基地みたいでした。太平洋の無人島みたいだったかも。

それから二人で砂浜にドーンと突き刺さるみたいに立ってる自動販売機でコーラを買った(ここは森見登美彦先生の「熱帯」オマージュだと思う、夢にオマージュとかあるのかわかんないけど)。

 

コーラは透明な瓶だった(自動販売機で瓶が出てくると落ちるときに割れそうだけど夢だから大丈夫)。

女の子が取り出し口からコーラを出して「はい」って言って渡してくれて、そのときの顔が凄くよくて。

 

ちょっと汗かきながらもなんか無性にわくわくした表情で、宝物でも見つけたみたいな笑顔なんです。

手に持ってるのは綺麗だけどただのコーラ瓶だし、目の前に居るのは自分なんかでそんないい笑顔を向けられる権利があるのかどうかわかんなかったけど、とにかく魅入られてしまった。こんな美しいものがこの世にあるのを知らなかった。

女の子には悪いんだけど、本当に身勝手なんだけど、いつまでもこの一瞬だけ繰り返せたらいいなと思った。夢の中で。

 

左手で渡してくれたコーラの瓶が水色がかってたのは空の青が映ったのか、それとも海の青が映ったのかな。わかんないけど、すごく綺麗だった。

 

二人で砂浜に座ってコーラ飲みながら、たぶんそこで自分は女の子から例の女子をバイクで振り落としたって話を聞いたんだったかな。よく覚えてない。

でも全然自分は女の子を責める気持ちがなくて、女の子も気にしてない風だった。

終わったことは全部どうでもよくて、今の時間だけが大切っていう気持ちだったと思う。

 

妙な高揚感と無敵感みたいなものが湧いてきて、女の子と二人でならどこにでも行けるなって気がした。

この子とならどこに行ったって綺麗なものだけに出会って、美しいものだけが目に見える気がした。

 

そんな夢。

 

 

全部夢です

我ながらこんなに長々と夢の話を書き連ねてなかなかヤベー奴だという思いが禁じ得ないんですが、この夢は本当によかった。

目が覚めたあとでしばらく「醒めなきゃよかった~」とかひとしきり後悔して、それから「こんなに魅力的なヒロインが書けるのかなあ」とちょっと凹みました。

 

それくらいこの女の子が魅力的に思えて、自分の筆力でこの魅力を表すのは無理だとかそこそこ嘆いてた。

あー、めっちゃいい子だったな……可愛かったし……夢を自在に操れたらあの砂浜のシーンを延々リピート再生したい。

 

最近では段々記憶も薄れてきて、いつかあの夢のことを全部忘れてしまう日が来るのが怖くなってきたのでせめてここに残しとこうかと。

既にこうやって文章にした時点で色々失われてるし、本当の夢の通りじゃない(たぶん脳内で色々補完したり順序を入れ替えたりしてそう)と思うんですが、何となく懐かしくなったときのよすがくらいになればいいな。

全部忘れちゃうのは流石にちょっと寂しい。

 完全に自分用のメモでした。

 

 

 

夢の女の子だけじゃなくて、

たぶん誰にでも何かを振り落としたいときがあって、

別に嫌な奴とかじゃなくていいからさ、

昔のもう忘れたい思い出とか、

給料の安い仕事のこととか、

将来に対するぼんやりした不安とか、

そういう嫌なもの全部バイクの後ろから振り落として、

何も後悔とか明日のこととか面倒なこと考えずに星とか海とか見て綺麗だなって思って、

そんで砂浜に座って瓶のコーラ(チェリオでもいいよ)飲みたいよ。

次はどこに行こうかなって無邪気に考えたい。

月でも城崎でもどこへでも。

 

そのうち人生のどっかでこんな日と出会えたら、たぶん生きててよかったなと思うんだろうな。フラカン深夜高速じゃないけどさ。

 (こういうことを難なくやってのけたところがなおさら女の子を魅力的に見せたんだろうなー、と思いました)

 

第12回GA文庫大賞前期に応募しました

なんか相変わらずギリギリでしたが

締め切り間際はどうも不思議な力が働くらしくなぜか毎回締め切りギリギリになってしまうのですが、今回もなんとか応募できました。

31日の23時30分くらいまでワードとにらめっこしてました、もうちょっと学習しろ……。

f:id:blogofisaac:20190603204304p:plain

 

 五月末あたりが諸々ホントに忙しくて連日深夜二時くらいまで書いてたような気がしますが、とにかく書き上げられてホッとしてます。

前回のGAに応募した作品と同様ヒロイン周りに力入れて書いたので、上手いこと可愛さが出てればいいんですが……ちょっと尖り過ぎたかも……?わからん。

 

今回もヒロインがちょっとおかしい学園ラブコメ

最近は読んでるラノベもラブコメ多いからか、書いてる作品もラブコメになりがちです。

ブコメ楽しいよね。

 

結構コメディ寄りの作風に挑戦してみたので、これが上手くいってればいいなあという感じです。

キャラ同士の掛け合いとか書いてるときは楽しいんですけどね、他の人が読んでも楽しめるのかどうか……怖いなあ。

 

ちょっとヒロインに主人公をいじめさせ過ぎたかもしれないと思いつつ、そんくらいが楽しいよなあという感じも。

今ブログ書きながら思い返してみるとなかなかヒロインの性格悪いな。作中でも主人公が何度か言ってたけど。

でもそんくらいの子の方が可愛くないですか、ラノベだと……。

 

GA文庫大賞ツイッターによると今日から応募作の下読みを開始するそうなので、今からドキドキしています。

前回は最終選考落選だったので今回はもちろんその一つ上が目標ですが、こればかりはもう出しちゃいましたしね、祈って次の作品でも書くしかないです。

一次発表は8月か……早く来ないかなあ。

 

それではまた。

 

第9回講談社ラノベ文庫新人賞に応募しました

過去作の改稿です

ちょっと言うのが遅れたんですが、5月10日締め切りの第9回講談社ラノベ文庫新人賞に応募しました。

過去作を評価シートの指摘点をもとに改稿したやつです。

 

新作ではないのでわざわざ書くのもどうなのかなーと思ったのですが、最近ブログも更新してないし書いちゃうことにしました。

あんまり書かないと自分でも存在忘れちゃいそう。

 

本当はGW中にじっくりと改稿しようと思っていたんですが、寝たりご飯食べたり洗濯物干したりして、あとちょっと本読んでるだけでGWが終わってしまったので実質応募締め切りの平日にやっつけた感じ。

ただ生きてるだけで時間が過ぎてしまうのは困りものです。

 

正直自分はあまり応募済みの過去作を改稿しないタイプで、一遍応募するとさっさと次の作品に興味が移っちゃうんですよね。

でも今回の場合は評価シートの指摘も具体的だし、このまま捨てるのは惜しいしで一応再チャレンジしてみることにしました。

 

改稿が上手くいったのかどうかは正直わからん……ひょっとすると悪くなってしまったかもしれないと今更怖くなってきたりしてます。

まだまだ自作を客観的に評価するのは難しいです。

 

次は第12回GA文庫大賞前期です

こっちは新作。

設定もプロットもお気に入りで自分さえ上手く書ければ面白くなりそうなんですが、問題はまだ2万字しか書いてない点でして……。

 

気が付いたらあと三週間も無いんですね、やばば。

平日に最低三千字ほどコンスタントに書きつつ、休日にガーッとたくさん書ければ間に合うはず、間に合えばいいな、間に合わせるぞって感じです。

頑張るぞい。

 

ゲーマーズ!」面白いですよね

そういえば最近「ゲーマーズ!」にハマってて、ちょくちょく別の小説挟みながらもGWから6巻まで読み進めたところです。

葵せきな先生のコメディセンス、本当に凄いなあ……と感心しています。

 

ヒロインで一番好きなのは星ノ守千秋ちゃんです。

髪切ったバージョンも好きだけど、アニメで観たスーパーワカメバーションも凄く好き、可愛い。

次点でコノハちゃんですかね……3巻の「天才が作った燦然と輝く傑作も――」のシーンがあまりにも好きすぎます。

挿絵もあってウルッと来ちゃいました。

ホントお前そういうとこやぞ、あまのっち。

 

第11回GA文庫大賞後期、最終選考落選作の評価シートが届きました

最終選考落選作のやつです

昨日(4月15日)、三次選考と最終選考落選者分の評価シートが配信されました。

落選が発表されてから半月で評価シートが届くの、よくよく考えればかなりスピーディーな感じがしますね。

 ありがたい。

 

どうやら第11回前期から評価シートがサイトのマイページにログインして見る方式になってたらしく、PDFになってる時期(つっても第10回後期までですが)しか知らなかった自分はちょっと驚きました。

念のためオフラインでも保存しときたいなあと思ったので、画面キャプチャとテキスト保存で手元に残してあります。

 

それで肝心の内容ですが、「総合評価(ランク)」と「設定」「キャラクター」「ストーリー」「作品構成力」「文章力・表現力」の5項目、そして総評(最終選考作だからなのか3人分もありました)となっていました。

総合評価はアルファベットでの評価で、それ以外の各項目は数字による評価です。

PDFのときは五角形(確かそうだったような……)で各項目の評価が表されてたと思うんですけど、それはなくなってました。

 

内容についてあまり細かいことを書くとマズそうなのですが、おおむね高評価をいただいたのかな、という感じ。

自分でこんなことを書くと変なのですが、思ったよりもバランスよく評価されていて驚き……書きながらあれこれ修正していったり筆のノリで結構好き勝手書いてたりしたような気がしたので。

作品構成力だけほんの少し他よりも低評価でした。

 

そして総評はなんと3人分もありました。

かなり丁寧に書いてくださっていて恐縮しました……ありがとうございます。

当たり前なんですが「自分の作品をちゃんと読んでくださったんだなあ……」と感慨深くなったりしました。

 

前半に良かった点(自分の作品では「ヒロインとのやり取りよかったよ」「ヒロイン魅力的だったよ」といった感じ)が書かれていて、後半で問題点が指摘されてる感じでしたね。

肝心の指摘なのですが、執筆時に「ここはちょっと強引だな……」とか「このキャラの登場が唐突かな……」とか気になりつつ見て見ぬフリした部分は概ね指摘されてました。

やっぱこういうところはしっかりバレてますね。

 

それと自分の場合は平坦な展開が多いという指摘と、クライマックスの盛り上がりがもうちょい欲しいという指摘がありました。

ダメ出し箇所を読むと「おっしゃる通り……」と納得感しかありませんでした。

 

ちょっとアレですね、卒論発表を思い出しました。

あのときは教授の指摘が的確過ぎてもう……当時は「ハイ、ソッス……ア、ソノトオリデス……スミマセン、シラベテマセン……」しか言った記憶がない(自分はあまりにもショボい卒論を書いてしまったため、未だに大学構内に入り辛いところがあります)。

 

最後ちょっと話が逸れましたが、評価シート読んで改善点が明確になったということと、また執筆意欲が湧いてきたということが言いたかったのです。

5月末締め切りのGAにはまた新作で挑戦しようと思っていて、これは今回最終選考で落ちた作品よりも面白くなる……はず……(予定)。

 今回落選した作品も総評をいただいて改稿ポイントも指摘されたので、せっかくなので改稿してみようかなと思います。

 

それではまた。