腐れワナビの公募メモと戯言

相崎壁際名義で新人賞に投稿しているワナビのブログ。応募するのは基本的にライトノベル系。

第11回GA文庫大賞後期一次通過しました

 超久々です

はい。

f:id:blogofisaac:20190215210840p:plain

 

よかった……。

地味に使い回しじゃない新作が通過するのは久しぶりなので、自分でも意外なほどホッとしてます。

 

思わず帰りにスーパーでビールと寿司を買ってしまいました。

美味しい。

 

 例によって結構締め切りギリギリになってからようやく本腰入れて書き始めたという感じだったのですが、なんやかんや結構好きな感じになりました。

締め切り間際はそれこそ死にそうな感じになって書いていたのですが、それでもどうにか一次は通過できて何より。

 

本当、しばらく一次を通過してないと心が荒むので……。

使い回しを通過させるのもだんだん心が苦しくなりますし。

ほんとよかった。これで今書いてるやつにもやる気が出ます。

 

 

最近はラノベを少し多めに読んでて、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」とか「14歳とイラストレーター」とか気に入ってます。白砂ちゃんが可愛い。

 

ラノベで好きな子は「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」の古賀朋絵ちゃん、「弱キャラ友崎くん」のみみみ、「錆喰いビスコ」の大茶釜チロルちゃん、「14歳とイラストレーター」の白砂ちゃんなど、かなり傾向がはっきりしてる感じ……。

まあ魅力的に書かれてればどの子も可愛いのですけど、まあ一番好きになるのはこういう系統の子です。

かわいい。

 

特に書くことないので最近聴いてる音楽を紹介する

タイトルのまんまです

 

取り立てて書くこともないんですがしばらく何も書かないのもアレな感じがするので、とりあえず思いついたのをYouTubeリンク付きで貼ってきます。

昔から聴いてるのを入れると収拾つかなくなるので最近見つけたの限定で。

順不同です。

 

mao sasagawa  「オーバーナイトバス」

www.youtube.com

曲調もいいし歌詞も好きです。

夜行バスとか深夜に下りるサービスエリアなんかをイメージしたと聞いて納得。

 

あぁ なんか悲しいや 死んでも離さないでね

誰も知らないとこへ行こう ふたりきりで それがいいね

あぁ 草木になりたいな でも少し寂しそうね

 

ここの歌詞がお気に入り。

切なさと幻想的な感じがいい具合……。

 

Tempalay 「革命前夜」

www.youtube.com

なんかゆったり踊りたくなる感じでこういうのもいいよね。

夜にコーヒーでも淹れながら聴きたい、というかちょいちょい聴いてる。カッコつけたいお年頃なので……。

 

HOZi 「Day dream (Spirited Away Remix)」

www.youtube.com

千と千尋の神隠しでリミックス作ったやつ。

これは最近で一番の掘り出しものでした。こういうの好き、いいなあ。

imoutoid聴いたときにも感じたことですけど、女の子の声ってものすごくいい楽器になりますね。

 

リミックスってあんまり馴染みがないんですけど、これを機に漁ってみようかなあと思った次第。

MVも丁寧に作ってあってすごいってなった。

 

Zazen Boys 「Honnoji / Cold Beat」

www.youtube.com

これはまあ曲というかライブ映像なんですけど、Cold Beatのあたりのリズム感というかストップ&ゴーの感じヤバすぎませんか?

ベースの方が去年の夏あたりに加入してすぐって時期だと思うんですけど、どうやったらこんな風に演奏合うんだろ……っていうか指弾きのあたりどうなんってんの……。

 

あと向井秀徳Number Girl時代のPVと比べても全然変わってないように見えるのもすごい。

 

 とりあえずこんな感じです。

書きながら「最近何聴いてたかな~」って思い出してるので、ここに貼ってないのを思い出したらまとめるかもしれないです。

 

一応2月末の締め切りに向けて執筆中ではあります

 

あと、今のところこっちも諦めてません。

10DPちょいしか書けてないので進捗は甚だ怪しいと言わざるを得ませんが……。

随分ひねくれた感じの主人公と文体になってると思います。

 

そういえば最近、レイモンド・チャンドラーの「ロング・グッドバイ」を読みました。

すごくいいですねこれ……樋口有介が大好きなわりに海外のハードボイルド小説はそんな読んでないんですが、これを機に漁ってみようかなあ。

 

こっから話を広げると長くなるので今回はここまで。

 

カクヨムに短編「乙女の涙は安くない」投稿しました

個人的にお気に入りです

全三話、1万字弱にまとめました。

短編なのでサクッと。

 

何の変哲もない普通の女子高生が、クラスメイトの地味な男子が実は人外少年だという秘密を知ってしまう話。恋愛ものです。

 

kakuyomu.jp

 

正直言って結構お気に入りです。

最後の一話に自分の性癖を詰め込みました。

 

まあ読めばわかると思うんですけど、

Just Because!だったら小宮恵那ちゃん、青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ないだったら古賀朋絵ちゃんみたいな感じです。

 

単にフラれて可哀想なキャラというのでは絶対なくて。

そういう苦しい経験をした上で前を向いて、そして輝けるみたいな子が好きなんですよ!

 

何を見えにくい字で力説してるんだ、自分は……。

これは本当にどうでもいい話なんですが、小宮恵那ちゃんはタペストリーが、古賀朋絵ちゃんはキャラファイングラフが机の両サイドに飾ってあります。

 

f:id:blogofisaac:20190120014916j:plain

小宮ちゃんのBD限定タペストリーです。かわいい。

 

f:id:blogofisaac:20190120015046j:plain

そして朋絵ちゃんのキャラファイングラフです。かわいい。

 

f:id:blogofisaac:20190120231355j:plain

こちらが先日の大阪コミトレで買った溝口ケージ先生のタペストリー。

 

素晴らしすぎて涙が出てきます。この世に神はいるし人生色々面倒でもこのタペストリーが自分の部屋に飾られているただそれだけで生きている価値がある……。

 

何の話をしてたんだっけ、つい推しのグッズが部屋にあるとそっちに意識がいってしまう。

とにかく小宮ちゃんと朋絵ちゃんが最高にかわいくて素敵なヒロインだってのは間違いない真理なのですが……そうだったカクヨムに性癖を詰め込んだ短編投稿したよって話でした。

 

kakuyomu.jp

こちらもどうぞよしなに。

 

初めて同人誌の即売会に行ってきました(こみっく★トレジャー33)

こみっく★トレジャー33(大阪コミトレ)行ってきました

 

これまで同人誌即売会に行ったことはなくて専ら委託本を通販で買うばっかりだったんですけど、偶然関西で大規模な同人誌即売会が開かれると知ったので参戦してみました。

オールジャンル同人誌即売会、「こみっく★トレジャー33」というイベントです。

 

会場は大阪インテックスという国際展示場でした。想像以上にデカかった。

ドーム状に突き出た天井が特徴的な感じ。自分は大阪メトロ中央線でコスモスクエア駅まで行ってそっから歩きというルートで来ました。駅からだいたい徒歩10分ちょいくらいだったかな?

f:id:blogofisaac:20190120193941j:plain

※これは帰り際にとった写真です。11時過ぎに入場したときは真ん中のゲートから入場列が十数メートルのびてました。

 

本当は11時の開場に間に合うように行くつもりだったんですけどダメ人間故普通に寝過ごし、11時過ぎくらいに現地着。待機列に並んで公式パンフ(800円)を買って入場しました。

 

 最初列見た時は「こんな列ディズニー以来だ……」とか思ってたんですが、普通にパンフ買って入場するだけなので列が進むのは早かったです。800円は列に並んでる最中に用意しておくと楽。

この写真で見えてる建物の中でパンフを買って、さらにその奥にある展示場(今回は4号館と5号館)に向かったんですが、並び始めて入場まで10分もかかってなかったと思います。

 

展示場の中に入ると想像以上の人、人、人。

こういう場に慣れてないので最初のうちは自分が行きたい方向に歩くのも大変でしたが、そのうち慣れました(流れに巻き込まれたら行きたい方向に行くのを諦めることに)。

 

今回の目玉は溝口ケージ先生の青ブタ新刊とタペストリー。これのために来たと言っても全然過言ではありません。

冬コミケで頒布されたとは知っていたのですが、委託されない品だったので入手を諦めていたところ大阪コミトレでも頒布してくださると知って今回の参戦を決めました。

 

で、最初のうちはパンフの地図と現実の展示場の対応がわかんなくてあたりをウロウロしていたのですが、しばらく歩いてなんとかブースに到着。シャッター前でした。

 

列が屋外に伸びていたので最後尾まで辿ると、「NtyPe」と書かれた札を持った人が。ウワサの最後尾札というやつです。

前に並んでいた方から受け取ったときは正直テンション上がったのですが、やっぱり人気サークルさんなだけあって速攻で次の方にお渡しすることになりました。

 

捌き方がすごく良かったのか並んでいる人々が訓練されていたのか、列もスイスイ進みました。結局数分しか並ばずに済んだかな。

5000円を支払って新刊(2000円)とタペストリー(3000円)を一部ずつ購入。

 

自慢させてください、タペストリーがこれです。

f:id:blogofisaac:20190120231355j:plain

神……。

 

感動しすぎて普段使わない色付きデカ文字を使ってしまったし普段はお腹を下したときにしか祈らない神の存在を信じた。

タペストリーが自分の部屋に存在することによってQOLが格段に向上、朝起きるたびにタペストリーを見ることができることで日々精神の安定が保たれ、タペストリーと同じ空間で息を吸うだけで神の恩寵を感じることができるでしょう。

 

朋絵ちゃんの足裏もそれはそれは素晴らしいのですが見せません、見たければ買ってください。

土踏まずのくぼみがイイ、そして細い足幅が曲線を描いて指の付け根あたりで一気に広くなるのもイイ。

こんな色々語っておいてアレですが見せません、イベントで買ってください。

 

青ブタだと朋絵ちゃんが一番好きなんですよ、活発な性格で健気な後輩キャラってすごくかわいい。大好きです。

自分はまあこんな人間だから多少不幸になってもしょうがないかなあと思いますが朋絵ちゃんが不幸になるのは許しません、絶対にダメです。こういう子は幸せになるべきだと思います。はい。

 

新刊セットがこちらです。

f:id:blogofisaac:20190121003444j:plain

はい、最高ですね。

 

すごい、ヒロイン全員グッズになってるという……新刊も見開きで各ヒロインのカラーイラスト付きです。豪華すぎ。

これが手元にあるというだけで明日の仕事が少しだけ頑張れる気がしてきます。

ついでに執筆が捗るとなお良し。がんばろう。

 

他にもいろいろ買った結果、「こんだけありゃいくらなんでも大丈夫だろ~」と思って持っていった1万5000円ほどは瞬く間に消え去り、入場から1時間後には小銭ばかり1100円ほどしか残りませんでした。

同人誌即売会、魔法みたいにお札と500円玉が消えていきます。不思議……。

財布が軽くなった代わりにトートバッグの中身はずっしりです。

 

ちなみに今回得た教訓としては、事前に「このサークルさんは新刊だけ買おうかな」と思っていたとしても手元にない既刊は大抵買うハメになるということです。

人間の自制心の脆さを実感できる場です、あそこは。

 

それにウロウロ歩いてるだけでも「あ、あの人も参加してらっしゃるのか……」って色々見つけてしまいますしね。

どのサークルさんも幟やらなんやらで目立ってます。壁サーと呼ばれる壁際にズラリと並ぶ有名サークルさんはどれも凄いですね、ついつい目が行っちゃうポスターを用意してる。

 

漫画や小説、音楽系のサークル以外にも自衛隊の装甲車やら盲導犬団体やらドライフルーツ専門店やら面白いものがたくさんありました。トマトのドライフルーツが想像以上に甘くてびっくり。

展示場内で唐揚げやら肉まんやらカレーやら色々売ってたので、ご飯のために外へ出る必要もありませんでした。めちゃ便利。

 

あと、無料で飲み物を配ってくれるメイドさんたちも居たりしてすごく助かりました。

帰って来て思ったけど無料で飲み物を配ってくれるメイドさんがたくさんいる空間ってすごいな……あそこは異空間。

 

色々書きましたけど大満足でした。また行きたいな。

今回はお金も時間もなくて行けなかったけど同じ展示場の別館で関西コミティアもやってて、また同日にやることがあったらそっちにも足伸ばしてみたいなあ。

 

余談

そういえば真ん中らへんで幸せになって欲しい女の子について述べましたが、最近も「いつか幸せになれよ……」って感じの女子高生を主人公にした短編を書きました。よければ是非。

kakuyomu.jp

全3話、1万文字弱です。個人的にはかなりお気に入りです。

お暇なときにでもどうぞ……。

 

書きたいという思いだけは持ってます、思いだけは

実際に書いてるかどうかは別として

そろそろどこかに宣言しておかないと自分の性格上いつまで経っても書き出さないとわかっているので、とりあえずここで宣言だけしておきます。

 

このままじゃいつまでも書かぬ。

はい、ダメ人間です。

先送り癖も一日の行動ターン数が少ないのも治らないと諦めたので、せいぜいうまく付き合っていかなくては……。

 

今回は結構久しぶりにファンタジー系の世界設定の話を書こうと思っていて、一応はエルフだの魔法だのが軽く出てくる予定です。

どれほど設定がうまく活かせるのかは正直未知数って感じ……ざっくりと話の大筋は決まっているので、ここに設定を活かせればいいなあと思っています。

 

自分の話の作り方は基本的に設定周りがスタートになり辛くて、キャラクターが置かれる境遇だったり感情だったりから発想が広がることが多い。最近気づいた。

「男の子と女の子があんな感じの関係になって、結局こういう状況に陥るのいいよね……」みたいな。

なので設定とストーリーをうまくシナジーさせることができれば、もう一段面白い作品が書けるのかなあと思ってます。できるかどうかは別ですが、そういうのが書けるようになりたい……。

 

日程的には2月末締め切りのオーバーラップ文庫大賞ファンタジア大賞かのどっちかですね。

並行してMW向けのやつも書きつつ、締め切り後は完全にMWに注力。

 

とりあえず理想だけは書き連ねましたが実際に書かないことには机上の餅ですね(机上の空論と絵に描いた餅を合体させたら普通の光景になった)。

 

頑張って書きます。